本と手ぬぐい5

手ぬぐい好きの本屋、甘夏書店が企画する「本と手ぬぐい5」のオンライン展

七士堂 蛸、海鮮そして藻類がエンブレムに

七士堂

海の生き物をモチーフに家紋風のエンブレムを配した手ぬぐいです。
海鮮紋は様々な海の生き物を、蛸尽くしはタコを、藻類紋は植物プランクトンをモチーフにしたエンブレムを配しました。

f:id:amanatsu_shoten:20200629014205j:plain


ありそうでなかった蛸紋と海鮮紋、顕微鏡の世界が広がる藻類紋。蛸紋は特に生き生きと躍動感があり、両端が吸盤になっているデザインなど隅々楽しいです。八本足の八から末広がり、多幸に通じる音、そしてオクトパス→置くとパス→合格祈願にと縁起物手ぬぐいとしてお求めの方も。

f:id:amanatsu_shoten:20200928111329j:plain
f:id:amanatsu_shoten:20200928111341j:plain
f:id:amanatsu_shoten:20200928111356j:plain

 

長縄キヌエ 墨田のお土産手ぬぐいに

長縄キヌエ
甘夏書店さんのご近所在住です。ikkAさんの手ぬぐいや、同じくご近所の自転車雑貨店「千輪」さんの手ぬぐいを作りました。街の風景を描いた猫の手ぬぐいなどもあります。お土産にぜひよろしくお願いいたします。

f:id:amanatsu_shoten:20200713172800j:plain

 

猫が出会って家族になるまでとスカイツリーの建築過程をあわせて表した「出会い」。墨田みやげとしても、縁起の良いものとして贈り物にも。

f:id:amanatsu_shoten:20200927024253j:plain

 

出会いの続編「まちあわせ」。家族が増えて4匹となり、街をめぐっています。

f:id:amanatsu_shoten:20200720154542j:plain

 

浮世絵に想を得た「猫と雨」。落ち着いた佇まい、濃いめで経年変化の楽しめる手ぬぐいです。

f:id:amanatsu_shoten:20200720154648j:plain

9月28日まで開催「zineと手ぬぐい2」ひらすま書房さんに出展。

京都府長岡京市「天神さんで一箱古本市」オリジナル手ぬぐい

天神さんで一箱古本市
京都府長岡京市で開催している天神さんで一箱古本市の注染手拭いです。天神一箱開催時の新緑色と阪急電車マルーン色です。

f:id:amanatsu_shoten:20200616223109j:plain
f:id:amanatsu_shoten:20200616223133j:plain


本や雑貨においしいものが集まると噂の、京都・長岡天神を中心にした地域の一箱古本市。新緑の時期、秋の頃はどんな感じかな。デザインやたたみ方は、和菓子の包装紙のようなかわいさと落ち着きがあります。電車好き、阪急ファンに嬉しいマルーン色。

f:id:amanatsu_shoten:20200713170921j:plain
f:id:amanatsu_shoten:20200713170525j:plain
f:id:amanatsu_shoten:20200713170933j:plain

9月28日迄。富山県射水市ひらすま書房さんでの甘夏書店企画「zineと手ぬぐい2」に出展。


星羊社 猫柄手ぬぐいと『めご太郎』

星羊社
横浜のふたり出版社発、愉快な猫柄手ぬぐい。

プ猫プロジェクト(プロレス猫)、おちゃんこ倶楽部(相撲猫)、おさぼり招き猫の3種類に加えて、新作「猫印ミルク」が登場。

f:id:amanatsu_shoten:20200718122353j:plain

星羊社発行『めご太郎第二巻』とプ猫プロジェクト手ぬぐい。

f:id:amanatsu_shoten:20200817122625j:plain

熱血!な相撲猫と、のーんびり脱力「おさぼり招き猫」。

f:id:amanatsu_shoten:20200603105155j:plain

こんな牛乳店があったよと言いたくなるような、昭和30年代ムード満載の「猫印ミルク」です。給食やお風呂屋さんの牛乳瓶やテトラパックの牛乳を思い出す「青」、セピア色の写真を見ているような、ミルメイクのコーヒーを溶かしたような「コーヒー色」。生成りの地がまたいい感じです。

f:id:amanatsu_shoten:20200807153451j:plain

9月28日まで開催、富山ひらすま書房さんでの甘夏書店企画「zineと手ぬぐい2」に出展。




シトテヌ 鳥の絵柄多めな手ぬぐい

シトテヌ

模様好きが高じて、紙モノのデザイナーをやりながらテキスタイルデザインを勉強。使うのがうれしくなるようなデザインを心がけています。
自然で優しい線や形を出したいので、図案は全て切絵から起こしています。
鳥の柄が多め。

f:id:amanatsu_shoten:20200713172827j:plain

今年は、定番の「ツバメ」や、「風見鶏」のスモーキーな新色、そして何よりフラミンゴが人気です。

9月28日までの富山県射水市ひらすま書房さんでの甘夏書店企画「zineと手ぬぐい」にも出展。

五明樓玉の輔『噺家の手ぬぐい』 本とYouTubeと手ぬぐいと

五明樓玉の輔
落語家五明樓玉の輔です。著書『噺家の手ぬぐい』(日東書院)と同タイトルのブログYouTubeやってます。毎年手ぬぐいを新調しますが、今年と昨年の二種類各二色です。

 

f:id:amanatsu_shoten:20200822175039j:plain



本と手ぬぐい5会場(一軒家カフェikkA2階)からのYouTubeです。

 

 

 

 
師匠デザインの手ぬぐい2020年版。

f:id:amanatsu_shoten:20200709221133j:plain
f:id:amanatsu_shoten:20200709221207j:plain


2019年版。手ぬぐいin手ぬぐいのデザイン!色違いで緑地のものも。

f:id:amanatsu_shoten:20200709221229j:plain

こちらも師匠デザイン。3.11の復興を願って作られた「水仙プロジェクト手ぬぐい」。
左:霰の冬から水仙の群生する春へ/右:水仙の花や葉をエンブレムに(一つだけ球根が見えます)
制作者のおひとりでもある柳生真吾さんの遺志を継いで、全額を球磨川の水害被害の被災者支援金に充当。

f:id:amanatsu_shoten:20200926030345j:plain
f:id:amanatsu_shoten:20200926030402j:plain

 

黒猫舎 猫もの~変わり種まで注染手ぬぐい各種

黒猫舎
手ぬぐい好きが高じてオリジナル手ぬぐいの製作をしています。
ハンカチの延長線で使えるような可愛いモノから
えっ?元ネタコレなんですか?な変わり種、猫柄の手ぬぐい
と多種多様揃えています。
注染にこだわり、デザインから型紙製作まで自作しています。

f:id:amanatsu_shoten:20200619232837j:plain



f:id:amanatsu_shoten:20200713173623j:plain


毎年意欲的に新作を発表する黒猫舎さん。今年の目玉の一つはこの「squre」。茶色、緑、ピンクの目立つ配色。どこかで見たことあるようなないような。雪や泥落としに使われる玄関マット「タンポポマット」をオマージュした手ぬぐいだそうです。100㎝あって長めです。

f:id:amanatsu_shoten:20200710164412j:plain

こちらの「猫格子」も新作です。斜めに点線が走る格子に、いろんなポーズの猫たち。

f:id:amanatsu_shoten:20200824160208j:plain

 9月28日まで、ひらすま書房さんでの甘夏書店企画「zineと手ぬぐい2」に出展。