本と手ぬぐい6

手ぬぐい好きの本屋、甘夏書店が企画する「本と手ぬぐい」のオンライン展

7/24(土)好きな手ぬぐいで袖口オーダー・半纏ジャケットの会

f:id:amanatsu_shoten:20210724123350j:plain

塩澤商店さんがやって来る!
すみだ川ものコト市で、
粋な「半纏ジャケット」を販売しているSHIOさんに、甘夏書店がお隣出店者として出会ったのは数年前。
シンプルだけど着やすい工夫がなされていて、店で着たり、イベント出店のときにはぴったり、街着としても活躍の「はんてん」!
袖口は手ぬぐいでカスタムできるとお聞きし、いつかご一緒にと願っていましたがこのたび「本と手ぬぐい6」にご登場いただくことになりました。

7月24日(土)14時~17時、「好きな手ぬぐいで袖口を!半纏ジャケット 相談&受注会」を開催。
予約なし。当日お越しください※

何しろ100本以上の個性豊かな手ぬぐいが並ぶ会場。
デニムに合うのは…と色柄で迷ったり、
柄の出方はどうなるのか気になったり、そもそも半纏ジャケットって、どう着こなしたら…?等々いろいろ考えたりすることも。この日は、デザイナー塩澤政明氏に直接相談できるよき機会です。

はんてんのよさと同時に、チャーミングなお人柄にも触れていただきたい。そんな風に思います。

オーダーの場合、半纏ジャケット12,000円。手ぬぐい実費。


f:id:amanatsu_shoten:20210718163441j:plain
============
塩澤商店:デザイナー塩澤政明が手掛ける「日常使いのアイテムを着やすく、オシャレに、機能的に」をテーマにした、東京下町発信のブランド。
==========

企画 甘夏書店


※熱がある等体調がすぐれない場合は、またの機会にお願いいたします
※1階と2階入口にアルコール、1階奥に手洗い場があります。手指消毒または手洗いをお願いいたします
※会場内定員5名以上になる場合は、お声かけしてお待ちいただくこともあります

甘夏書店企画「本と手ぬぐい6」開催概要と出展紹介

甘夏書店企画「本と手ぬぐい6」

 

f:id:amanatsu_shoten:20210716004149j:plain
f:id:amanatsu_shoten:20210716004234j:plain


夏を彩り、楽しみ、乗り切る!
下町情緒漂う墨田区向島の一軒家カフェに、約20組のクリエイターの手ぬぐいが100本以上並びます。手ぬぐいに似合う本もお楽しみに。

日時 7月15日(木)~8月29日(日)12~17時 最終日16時まで 定休日 (火)(水)お盆休み検討中

場所 一軒家カフェikkA1・2階、甘夏書店
東京都墨田区向島3-6-5 一軒家カフェikkA
通販  7月22日22時前後より徐々に行います

 

紹介
石と古本 石英書房
毎年恒例のこの企画で手ぬぐい沼にはまりました。今年も出店者としても沼探索者としても楽しみです。新古品の手ぬぐいと、本を出品しています。お手にとってご覧下さい。
向島一丁目に予約制店舗ございます。

f:id:amanatsu_shoten:20210718152310j:plain

 

オバケダイガク

ビワの葉で染めた手ぬぐいを出展したいと思います。葉っぱは厚手でずいぶん立派でピンピンしています。濃い緑なんですが、これで染めるとはてどんな色がでてくるのか愉しみです。

f:id:amanatsu_shoten:20210630121944j:plain


小幡明(おばためい)

 旅心くすぐるデザインの『台湾てぬぐい』『漢字de国の名前てぬぐい』に加え、
今回は鉱物を扱うブランドscenicaさんとのコラボグッズ
『デンドリティックアゲートの手ぬぐい』も出品します!

f:id:amanatsu_shoten:20210630133846j:plain


オレンヂろっく


Q

おもに鉱物・結晶図モチーフで、自分がほしい雑貨をあれこれ制作しています。
この手ぬぐいはレインボーガーネットの結晶の画像を使用したもの。
やわらかダブルガーゼ+かたーい鉱物標本の画像をお楽しみください。

f:id:amanatsu_shoten:20210709004727j:plain

 

銀杏横丁(ぎんなんよこちょう)

ikkAまるごとブックマルシェに引き続き
お邪魔します。
夏休みにごろりと横になって読みたい、
冒険の本などを集めました。
シルクスクリーンで一枚ずつ刷ったてぬぐい、
同じ版のエコバッグ数点もお持ちします。

f:id:amanatsu_shoten:20210710114804j:plain

 

黒猫舎

手ぬぐい好きが高じて2013年より自作の手ぬぐいを作り始めました。
生活に密着する手ぬぐいを目指して猫柄を中心にハンカチの様に使える柄や、
え?こんなものを手ぬぐいに?なデザインの手ぬぐいを作成しています。

f:id:amanatsu_shoten:20200927114708j:plain

 

五明樓 玉の輔

 五明樓玉の輔、落語家です。『噺家の手ぬぐい』ブログと『噺家の手ぬぐいチャンネル』YouTube やってます。この手ぬぐいは2021年の手ぬぐいです。チョコレートっぽいイメージ?ひとつだけ違うものがあります。絵ハガキは玉の輔の帯と雪駄です。落語協会の季刊誌の表紙で使われたものです。

f:id:amanatsu_shoten:20210716000136j:plain

 

塩澤商店

デザイナー塩澤政明が手掛ける「塩澤商店」。
「日常使いのアイテムを着やすく、オシャレに、機能的に」をテーマにした、東京下町発信ブランドです。

今回は、会場の手ぬぐいから、お好きな手ぬぐい1本を両袖の折り返しに使う「半纏ジャケット」の受注販売をします。

f:id:amanatsu_shoten:20210630212201j:plain


シトテヌ
手ぬぐい好きが高じて、オリジナル手ぬぐいをデザインしています。
本業は紙もののデザイナーです。
柔らかい線を出したいので、柄は全て切り絵から起こしています。
新作は、愛犬モチーフのフレンチブルドッグ柄です。 

f:id:amanatsu_shoten:20210630011531j:plain

 

星羊社

横浜の二人出版社の星羊社。オリジナル手ぬぐいに定評があります。縁起の良い四字熟語が並ぶ「おさぼり招き猫」(からし色/藤色/うぐいす色)と、昭和レトロな雰囲気満載の「猫印ミルク」(青色/いちごミルク色)。


f:id:amanatsu_shoten:20200603105155j:plain

 

土浦手ぬぐい倶楽部
きらみーあ&黒猫文庫

茨城県土浦市在住の昔の手ぬぐい大好きミセス2人組。

きらみーあは昔の手ぬぐいを染め直してステキな服を製作販売。

f:id:amanatsu_shoten:20210701002215j:plain


黒猫文庫は「コロナに負けるな❗」をテーマに疫病退散、健康関連手ぬぐいを新旧取り混ぜて約10点展示します。

f:id:amanatsu_shoten:20210630013105j:plain

 

とみこはん

食べて旅する、消しゴムはんこイラストレーター。
今回「まめとみ謹製 とうふてぬぐい」を出展。
注染技法で染め上げた、おとうふの形をデザインしたてぬぐいです。
2021年は「よろこびの山吹」と「はじまりの紺」の2色です。

f:id:amanatsu_shoten:20210704153651j:plain


長縄キヌエ

 スカイツリーのふもとの和装屋さんと一緒に作った猫の家族の手ぬぐいなどを置かせてもらっています。沢山のかたに手ぬぐいの猫たちをお迎えして頂ければ幸いです。

f:id:amanatsu_shoten:20210704155358j:plain

 

七士堂

蛸柄、海鮮柄の家紋風手ぬぐい。蛸紋は、八本足は末広がりで縁起が良いとか、オクトパスだから、「置くとパス」→合格成就を意味する…!と大人気です。

f:id:amanatsu_shoten:20200928111329j:plain

 

林ゆみこ

東京都出身。桑沢デザイン研究所卒。雑貨メーカー(swimmer )で、雑貨デザイナーを経て、フリーイラストレーターへ。
油性のペンと、アクリル絵の具で描きあげた一点ものになります。

f:id:amanatsu_shoten:20210630232626j:plain

 

福家聡子

イラストレーターと雑貨製作をしております福家聡子(フケサトコ)です。大相撲ファンなので、相撲をテーマにした作品が多いです。今回の手ぬぐいには「ムカデ」と呼ばれる相撲独特の稽古がデザインされています。

f:id:amanatsu_shoten:20210630135224j:plain

 

play on words

デザイナー原田史子の粋で遊び心ある手描き図案を、型彫りと染めの職人さんが見事に手ぬぐいに表現。今回は、「本と手ぬぐい」初お目見え、「きのこ尽くし」手ぬぐいの新色をはじめ、これまでの大人気作、スケール感やユーモアにあふれた美しい染めの「ギガ鳥獣其の弐」など16種類の手ぬぐいが登場します。

f:id:amanatsu_shoten:20210704152143j:plain


ほくろ堂
観光地の土産物や企業のノベルティなどの手ぬぐいが好きで収集しています。
今回は本を読む人のイラストをデザインした「読書の時間てぬぐい」を販売いたします。(8月入荷予定)

f:id:amanatsu_shoten:20210715150513j:plain




松本かつぢ手ぬぐい
昭和の「かわいい」を牽引。松本かつぢ先生の漫画「くるくるくるみちゃん」が、おしゃまでレトロな手ぬぐいに。昨年に続いて、二子玉川松本かつぢ資料館より特別に分けていただきました。

f:id:amanatsu_shoten:20210704164520j:plain

 

マニアパレル

マニアのためのアパレルを作り続けるマニアパレル。今回はデッドストック祭りです!各1枚しかない希少なもの続々発掘。土木系を中心にあんな柄、こんなモチーフ、約20種類が押上に集合します。

f:id:amanatsu_shoten:20210703183203p:plain

 

みんなのてぬぐい研究室

世界がコロナに覆われて、イベントに出展してワークショップをするという活動がままならぬも、縄文とこけしの2枚看板を引っさげて、てぬぐい街道をひた走るみんなのてぬぐい研究室は、最近、Tシャツに浮気しちゃいがち。

f:id:amanatsu_shoten:20210523160723j:plain

 

yugengaishamochi ゆうげんがいしゃもち

絵描きです。オリジナルのアクセサリーや雑貨の制作もしています。
今回はラーメンやカレーなど食べ物をモチーフにした手ぬぐいを中心に出展致します。

f:id:amanatsu_shoten:20190806165418j:plain



よたか堂(カイズケン)

今年も手描きのサメ手ぬぐいや、金魚うちわ、他ウミウシオオサンショウウオなど作る予定です。新作もお楽しみに!

f:id:amanatsu_shoten:20210704132304j:plain

 

るいこ堂

洋服屋のるいこ堂がてぬぐいへのありったけの想いを込めて作ったてぬぐいです。
子どもがひらがなを覚える時(はたまた外国人の方でも!)身近なものにひらがな表があったら便利!ちょっとした待ち時間に遊べる。ねぇ、これどうやって書くんだっけ!にも、紙と鉛筆なしで対応可。2つ折りでかけた時に可愛いだるま柄に、ひらがな表をON!
そして!てぬぐいの柄がステキでもハンカチにして持ち歩くと見えない!そのモヤモヤを打破したく、畳んで出てくる9柄。日本応援、日の丸!もしもしごっこができるよ、携帯電話!観劇の時はこれかな、大入!ワークショップ、トイレに行くときこれ使うわ、休憩中!
みたいに、るいこ堂でよく出てくるモチーフ9選 のせました。

ひらがな表、もろもろ私るいこの手書き。

f:id:amanatsu_shoten:20210630134914j:plain


wakanainoue
去年販売しました「シロクマかき氷」柄(画像)の、涼しげな新色をご用意する予定です。線画は手捺染、かき氷などの色はアクリルガッシュで着色しており、一枚一枚違う表情を楽しんでいただけます。他、「植物と鳥」「chidoriashi」も登場します。

f:id:amanatsu_shoten:20210715235032j:plain


ikkA手ぬぐい

「一軒家カフェikkAってどんなところ?」がわかるモチーフが散りばめられています。ティーハウスらしく、紅茶と緑茶を思わせる2色展開です。

f:id:amanatsu_shoten:20200708114236j:plain

 

七士堂 蛸、海鮮そして藻類がエンブレムに

七士堂

海の生き物をモチーフに家紋風のエンブレムを配した手ぬぐいです。
海鮮紋は様々な海の生き物を、蛸尽くしはタコを、藻類紋は植物プランクトンをモチーフにしたエンブレムを配しました。

f:id:amanatsu_shoten:20200629014205j:plain


ありそうでなかった蛸紋と海鮮紋、顕微鏡の世界が広がる藻類紋。蛸紋は特に生き生きと躍動感があり、両端が吸盤になっているデザインなど隅々楽しいです。八本足の八から末広がり、多幸に通じる音、そしてオクトパス→置くとパス→合格祈願にと縁起物手ぬぐいとしてお求めの方も。

f:id:amanatsu_shoten:20200928111329j:plain
f:id:amanatsu_shoten:20200928111341j:plain
f:id:amanatsu_shoten:20200928111356j:plain

 

長縄キヌエ 墨田のお土産手ぬぐいに

長縄キヌエ
甘夏書店さんのご近所在住です。ikkAさんの手ぬぐいや、同じくご近所の自転車雑貨店「千輪」さんの手ぬぐいを作りました。街の風景を描いた猫の手ぬぐいなどもあります。お土産にぜひよろしくお願いいたします。

f:id:amanatsu_shoten:20200713172800j:plain

 

猫が出会って家族になるまでとスカイツリーの建築過程をあわせて表した「出会い」。墨田みやげとしても、縁起の良いものとして贈り物にも。

f:id:amanatsu_shoten:20200927024253j:plain

 

出会いの続編「まちあわせ」。家族が増えて4匹となり、街をめぐっています。

f:id:amanatsu_shoten:20200720154542j:plain

 

浮世絵に想を得た「猫と雨」。落ち着いた佇まい、濃いめで経年変化の楽しめる手ぬぐいです。

f:id:amanatsu_shoten:20200720154648j:plain

9月28日まで開催「zineと手ぬぐい2」ひらすま書房さんに出展。

京都府長岡京市「天神さんで一箱古本市」オリジナル手ぬぐい

天神さんで一箱古本市
京都府長岡京市で開催している天神さんで一箱古本市の注染手拭いです。天神一箱開催時の新緑色と阪急電車マルーン色です。

f:id:amanatsu_shoten:20200616223109j:plain
f:id:amanatsu_shoten:20200616223133j:plain


本や雑貨においしいものが集まると噂の、京都・長岡天神を中心にした地域の一箱古本市。新緑の時期、秋の頃はどんな感じかな。デザインやたたみ方は、和菓子の包装紙のようなかわいさと落ち着きがあります。電車好き、阪急ファンに嬉しいマルーン色。

f:id:amanatsu_shoten:20200713170921j:plain
f:id:amanatsu_shoten:20200713170525j:plain
f:id:amanatsu_shoten:20200713170933j:plain

9月28日迄。富山県射水市ひらすま書房さんでの甘夏書店企画「zineと手ぬぐい2」に出展。


星羊社 猫柄手ぬぐいと『めご太郎』

星羊社
横浜のふたり出版社発、愉快な猫柄手ぬぐい。

プ猫プロジェクト(プロレス猫)、おちゃんこ倶楽部(相撲猫)、おさぼり招き猫の3種類に加えて、新作「猫印ミルク」が登場。

f:id:amanatsu_shoten:20200718122353j:plain

星羊社発行『めご太郎第二巻』とプ猫プロジェクト手ぬぐい。

f:id:amanatsu_shoten:20200817122625j:plain

熱血!な相撲猫と、のーんびり脱力「おさぼり招き猫」。

f:id:amanatsu_shoten:20200603105155j:plain

こんな牛乳店があったよと言いたくなるような、昭和30年代ムード満載の「猫印ミルク」です。給食やお風呂屋さんの牛乳瓶やテトラパックの牛乳を思い出す「青」、セピア色の写真を見ているような、ミルメイクのコーヒーを溶かしたような「コーヒー色」。生成りの地がまたいい感じです。

f:id:amanatsu_shoten:20200807153451j:plain

9月28日まで開催、富山ひらすま書房さんでの甘夏書店企画「zineと手ぬぐい2」に出展。




シトテヌ 鳥の絵柄多めな手ぬぐい

シトテヌ

模様好きが高じて、紙モノのデザイナーをやりながらテキスタイルデザインを勉強。使うのがうれしくなるようなデザインを心がけています。
自然で優しい線や形を出したいので、図案は全て切絵から起こしています。
鳥の柄が多め。

f:id:amanatsu_shoten:20200713172827j:plain

今年は、定番の「ツバメ」や、「風見鶏」のスモーキーな新色、そして何よりフラミンゴが人気です。

9月28日までの富山県射水市ひらすま書房さんでの甘夏書店企画「zineと手ぬぐい」にも出展。